毛穴化粧品の選び方

トラブル改善のための毛穴化粧品の選び方

毛穴ケアという化粧品は数多く販売されていますが、毛穴のトラブルにはいくつか種類があり原因が違うので、毛穴のトラブル改善のためには、毛穴の悩みのタイプにあわせた化粧品を選ぶ必要があります。

では、どのような毛穴のタイプがあり、どのような化粧品を選んだらいいのでしょうか。

開き毛穴

皮脂が過剰に分泌されることが原因です。過剰に分泌された皮脂によって毛穴が押し広げられてしまっています。皮脂が過剰に分泌される原因となるものは、糖質や脂質の過剰摂取、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどです。

このタイプの毛穴トラブルは、保湿化粧品でケアをして過剰な皮脂分泌を抑えます。

たるみ毛穴

たるみ毛穴は肌の弾力が低下することが原因です。肌のハリや弾力を支えているものがコラーゲンとエラスチンですが、コラーゲンとエラスチンは加齢に伴い減少をします。その結果、肌の弾力が低下をして皮膚がたるみ、それと同時に毛穴もたるんで広がります。

このタイプの毛穴のトラブルには、コラーゲンやエラスチンの減少を緩やかにするために保湿ケアをしたり、抗酸化作用があるビタミンC誘導体入り化粧品でケアをします。

黒ずみ毛穴

毛穴にたまった汚れが酸素に触れて酸化をして黒くなったものです。黒ずみ毛穴の原因は、過剰な皮脂分泌やメイク汚れがしっかり落とせていないことです。毛穴にたまっている汚れの70%程度はタンパク質です。タンパク質を一般的な洗顔料で溶かすことはできないので、いくら一生懸命洗顔をしても黒ずみ毛穴は改善されません。

このタイプの毛穴の悩みには、タンパク質を溶かす働きがある酵素を配合した洗顔料でケアをします。過剰な皮脂分泌を抑えるために、保湿化粧品も使用しましょう。潤いを与えて水分と油分のバランスが整うことで、過剰な皮脂分泌が治まります。

メラニン毛穴

黒ずみ毛穴だと思っていたものが、実はメラニン毛穴だという可能性があります。メラニン毛穴は、毛穴周辺にメラニンが蓄積して黒く見えている状態です。皮膚の代謝の悪さ、紫外線の影響、過度なケアなどによってメラニンが過剰に作られます。

このタイプの毛穴の悩みは、美白作用があるビタミンC誘導体入りの化粧品でケアをします。

おすすめ毛穴ケア化粧品

いろいろな化粧品が販売されているので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうと思います。そこで、おすすめの化粧品を3つ紹介します。

開き毛穴・たるみ毛穴

「メディプラスゲル」

メディプラスゲルは保湿成分を中心に66種類の美容成分を配合したオールインワンゲルです。肌をこすると摩擦が生まれて、肌のバリア機能が低下をしてしまいます。バリア機能が低下をすると、肌内部の水分蒸発が進行をします。オールインワンなら肌に触れる回数が少ないので、摩擦によるダメージを軽減できます。

黒ずみ毛穴

「マナラホットクレンジングゲル」

94.4%が美容成分でできたクレンジングゲルです。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど保湿成分が配合されています。そのため、クレンジング後の肌のつっぱりから守ってくれます。美容成分が汚れを柔らかくし、メドウフォームとオリーブ油が毛穴の汚れを溶かしだし、ゲルが毛穴から汚れを吸着します、

メラニン毛穴

「サイクルプラス エンリッチローション」

従来のビタミンCの100倍の浸透力を持つAPPSを配合しています。ハリを持たせる、キメを整える、透明感を与えるといった働きが期待できます。その他にも、5種類のヒアルロン酸、6種類の美容成分などが配合されています。

まとめ

毛穴のトラブルにはいくつかタイプがあり、悩みの改善のためにはタイプにあった化粧品を使うことが大切です。どのようなタイプの毛穴トラブルなのかを判断して、それにあった化粧品でケアをしてみてください。

関連記事

目立つ毛穴の黒ずみ、原因を追究して解消!

目立つ毛穴は原因を突き止めて対処すべし!

顔中の毛穴が目立ってしまう原因と毛穴を改善する方法

毛穴レスの陶器肌になろう

毛穴化粧品の効果は