ビタミンC誘導体コスメの種類

ビタミンC誘導体について

ビタミンCと言えば美肌のビタミンとして多くの人が知っているものですよね。

古くから知られているので安心、安全な成分として多くの化粧品に使われていますし、美容医療の現場でも使われている成分です。しかしこのビタミンC、そのままでは不安定な成分なので化粧品に配合する際は、そのままの形では使われていません。

より吸収されやすいように、安定させた成分にかえて配合されています。それがビタミンC誘導体なのです。ビタミンC誘導体は、お肌に浸透してからビタミンCとしての力を発揮してくれます。

ビタミンC誘導体は、美肌に良いとされていますが、メリットばかりではありません。実はデメリットもあります。そのデメリットが、皮脂分泌を抑制するという働きになります。

皮脂分泌量が多い人、正常な人であればそれほど問題とならないのですが、皮脂分泌量が少ない人、(乾燥肌の人や敏感肌の人ですね)の場合、皮脂分泌量が抑制されてしまうことで肌のトラブルが悪化してしまうことがあります。

乾燥がより進む可能性があります。肌が乾燥するとさらにトラブルが発生しやすくなりますので、乾燥肌や敏感肌の人は、ビタミンC誘導体とともにしっかり保湿成分もお肌に取り入れる必要が出てきます。

保湿成分の多い化粧品を一緒に使うことで、敏感肌や乾燥肌の人もビタミンC誘導体配合の化粧品で美白ケアができますよ。保湿成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されているものを選びましょう。

高純度持続型ビタミンCって?

ビタミンC誘導体は皆さんご存知だと思いますが、高純度持続型ビタミンCって聞いたことありますか。ビタミンC誘導体は、脂に溶けやすい脂溶性、水に溶けやすい水溶性、両方の性質を兼ねた両用性があります。

ビタミンC誘導体の場合は、お肌に入ってからビタミンCに変わるのですが、高純度持続型ビタミンCは純度が高くて持続性のあるビタミンCとされています。ビタミンC誘導体よりも長い時間ビタミンCとしての働きを持続できるという作用を持っているのです。

それならビタミンC誘導体よりも高純度持続型ビタミンC配合の化粧品を探した方がよさそうと思いますよね。しかし残念なことに、この高純度持続型ビタミンCは、肌に塗っても吸収されにくいというデメリットがあります。

そのため、サプリメントに配合されて使われるケースが多いです。サプリメントとして摂取して、お肌に働きかけることができます。体の中からのケアと外からのケアで、お肌の悩みを解消していくことができます。

ビタミンC誘導体もそれなりの効果はもちろんあります。でも持続力に欠けてしまうのです。そのため最近ではビタミンC誘導体と高純度持続型ビタミンCのダブル使いをすれば、より効果を実感しやすくなるでしょう。

ビタミンC誘導体の効果について

ビタミンC誘導体の効果は、活性酸素の除去や美白効果、細胞の老化予防、皮脂分泌の抑制などが挙げられます。毛穴を目立たなくさせたり、色素沈着の改善やニキビ予防などもでき、美肌に最適な成分となっています。

コラーゲンを活性化させる働きもありますので、肌の弾力やハリも取り戻せます。

ビタミンC誘導体の配合率は?

ビタミンC誘導体がどれくらい配合されているのかは、化粧品によって異なります。配合率が高ければ良いというものでもないので、お肌との相性を見ながら使うようにしましょう。

ビタミンC誘導体コスメで毛穴の悩みが解消

ビタミンC誘導体の働きに、毛穴の開きを解消したり、黒ずみを解消するというものがあります。毛穴のケアは時間がかかりますが、丁寧に行っていくとビタミンC誘導体の効果は実感できるでしょう。

関連記事

関連記事がありません。